太陽光発電の仕組み

太陽光発電は、太陽エネルギーを直接「電気」に変換する発電システムです。

 

簡単に太陽光発電の仕組みについて、勉強しておきましょう。

 

 

太陽光発電は、太陽電池モジュールを通じて発電した直流の電気が、
パワーコンディショナーを通じ、「交流」に変換されます。

 

実際に家庭で電気を使用したり、電線を伝って売電する際には
「交流」の電気でなければいけません。
そのために、電気を変換するパワーコンディショナーは重要な役割をしています。

 

家庭で使用する際には、屋内分電盤を通過することで、
電圧が調整されます。

 

また、実際にどのくらいの電気が作られたか、
またどのくらい電気が余ったか(売電されたか)を
電力量計によって計算されています。

 

少なくともこの4つのポイントを経て電気が作られ
実際に安全に使用することができるのです。

 

太陽光発電システムに必要な機器

 

太陽光発電,価格,仕組み,

◆太陽電池モジュール

太陽光発電の主役でもある
「太陽電池パネル」のことです。

 

屋根の上など、太陽が一番よく当たる場所に設置します。
太陽電池モジュールの大きさで、発電する電気の量(発電量)が決まります。

 

 

 

太陽光発電,価格,仕組み,

◆パワーコンディショナー

モジュールで発電された「直流」の電力
家庭で使ったり、売電用に送電できる
「交流」の電力に変換します。

 

また、システムを自動で管理する役割もあります。

 

 

 

太陽光発電,価格,仕組み,

◆屋内分電盤

電圧などを調整し、
各部屋で電気が使えるように仕分ける機器
一般的にはブレーカーと呼ばれます。

 

 

 

太陽光発電,価格,仕組み,

◆電力量計

電力量計には、売電した電気量を記録する
「売電メーター」と、

 

電力会社から購入した電気を記録する
「買電メーター」の2種類があります。

 

 

太陽光発電を導入するためには、最低でもこれら4つの機器が必要です。

 

 

必見!太陽光発電を適正価格で導入する方法を大公開!