太陽光発電って、本当に元は取れるの?

太陽光アドバイザーをしていて
良く尋ねられるのが

 

「太陽光発電って高いけど、
将来的に元は取れるのか?」

 

そうですよね、せっかく高いお金を出して
太陽光発電を設置しても、ちゃんと発電しなかったり、売電できなかったりで
初期費用を回収できず、
結局元をとれないというのは、イタイですよね!

 

こちらのページでは、
「太陽光発電は本当に元が取れるのか」
実際の参考例をもとに、シミュレーションしてみましょう。

 

太陽光発電で元が取れる? シミュレーションしてみよう

平成25年度、太陽光発電システムの導入費用
設定されている「補助金」から計算すると

【平成25年度のシステム導入費用】

 

 3kwシステム導入の場合、150万円程度
 4kwシステム導入の場合、200万円程度

と予想されます。

 

ちなみに、平成24年度の太陽光発電システムの導入費用は、
 3kwシステム導入の場合、165万円程度
 4kwシステム導入の場合、220万円程度

 

導入価格は1年前に比べても、確実に安くなっていますね。

 

 

これを踏まえて、
平成25年度に太陽光発電を設置する場合、
本当に元が取れるのか、補助金や売電収入も
含めて計算してみましょう。

 

例えば、東京都の場合、
多くの家庭が導入するのが3kw前後の太陽光システムです。

 

今回は、3kwシステムを導入したAさんのご自宅を参考に
シミュレーションしてみました。

 

 

太陽光発電設置条件 ・太陽電池モジュールの容量 3kw(※システム価格は50万円)

・太陽電池モジュールの向き 南向き

太陽光発電初期費用 145万5000円 

(導入費用150万円−平成25年補助金4万5,000円=145万5,000円)

※平成25年度の補助金に関してはこちらを参考にしてください。

太陽光発電導入前

1か月の光熱費

16,000円  (電気代+ガス代)
太陽光発電導入後

1か月の光熱費

8,000円  (夜間の電気代)
売電収入 6,840円  (売電180kw×売電価格38円)

※売電収入に関してはこちらを参考にしてください。

売電収入を引いた光熱費 1,160円  (導入後光熱費8,000円−売電収入6,840円)
削減できた年間の光熱費 17万8,080円  (16,000円−1,160円)×12か月)

 

2人暮らしのAさん宅の場合、太陽光発電を導入することで
年間17万8080円の光熱費の削減に成功しています。

 

初期費用に145万5000円かかりましたので、

   元が取れるまでの年数は
    145万5000円÷17万8080円=8.17年

 

つまり、Aさんの場合は、9年で元が取れるという計算になりますね。

 

こちらのページでも、ご説明しましたが、
売電収入・補助金は、年々値下がりをしています。
だけど、がっかりしないでください!

 

上のシミュレーションのとおり、
太陽光システムの導入費用も、数十万単位で安くなっています

 

売電価格が安くなっても補助金が安くなっても、
太陽光発電はおおかた10年〜13年程度で元が取れるように
設定されているんですよ!

 

そして、最近の発表では、ソーラーパネルの品質が向上し、
耐久性が、20年近くでも大丈夫という事も分かってきています。

 

もちろん、きちんと点検やメンテナンスを定期的にしている場合に限ってですが。

 

それを考えれば、太陽光発電は「元が取れる」と言い切っても
過言ではないと私は思いますよ!

 

さて、10年単位でみれば、
太陽光発電が元をとれることはわかっていただけたと思います。。
とはいえ、やはり高い買い物です。

 

性能の良いものを、少しでも安価で設置したいですよね?

 

必見!太陽光発電を適正価格で導入する方法を大公開!