太陽光発電の適正価格の調べ方

太陽光発電の適正価格、想像もつかない方も多いのではないでしょうか。
「高い」というのはわかっても、どのくらい価格が高いのか…。

 

基本的に、

太陽光発電の適正価格は、1kwあたり55万円程度

といわれています(2012年現在)。

 

 

太陽光発電,価格,適正価格

 また、2012年度は、

1kwあたり55万円以内でないと、
国の補助金は出ない仕組みになっています。

 

(詳しくは「補助金について」をご参照ください)

 

 つまり!太陽光発電導入の適正価格は
 1kwで55万円以内。と覚えておきましょう。

 

もちろん、これにはモジュールの価格や工事にかかる価格もすべて含まれます。

 

 

太陽光発電が導入された1994年ころは、1kw約200万円でしたので、
ずいぶん価格は安くはなりました。しかし、やはり高い買い物です。

 

 

実際にかかる 太陽光発電導入の価格は?

 

太陽光発電,価格,適正価格

では、実際に太陽光発電を導入する場合、
どのくらいの費用が必要なのでしょうか。

 

家庭で太陽光発電をする場合の
平均的な太陽電池モジュールの発電量は4kwです。

 

(※もちろん、導入するモジュールや、屋根の形状、日照量などによっても変わってきます。)

 

平均的な家庭用太陽光発電システムの発電量で考える場合、

1kwあたり55万円×発電量4kw=初期費用220万円

となります。

 

ここから補助金などが差し引かれますので、導入に必要な初期費用は、
約200万円程度が目安となるでしょう。

 

太陽光発電,価格,適正価格

ただし、太陽光発電は「オーダーメイド」といわれるほど、
建物の状態、また選ぶ業者さんによっても
価格が大きく変わってきます。

 

予算を早めに把握したい方や、
ご自宅に最適なシステムを知りたい方は
まずは、複数業者に見積もりを依頼するなどし、
価格や条件を徹底比較してみてください。

 

そうすることで、あなたのご自宅の適正価格が
はっきりとわかってくるはずですよ。

 

 

必見!太陽光発電を適正価格で導入する方法を大公開!