太陽光発電の買い時は? 消費税や補助金を考慮して検証してみた!

太陽光発電,価格,補助金,買い時,消費税

太陽光発電は今、とても注目を集めています。

地球や環境にやさしいし、
さらに光熱費も削減できるので、家計も潤う。

 

ですが、システムの導入費用は200万円近くと、
かなり高額です。

 

また、一度とりつけたら取り外しもできないものなので
やはり、いくら便利なものとはいえ、購入する時には

 

「買い時はいつがベストなんだろう?」
「損をしない買い時のタイミングは?」

 

かなり迷ってしまいますよね?

 

そこで、こちらでは、太陽光発電アドバイザーが
太陽光発電の買い時を、ズバリ検証してみました!

 

太陽光発電の買い時は

 

太陽光発電の買い時は、
導入価格・売電や補助金の金額・システムの性能のバランス
で決まってきます。 

 

これらを考慮し、専門家らの見解を比較してみると、
太陽光発電の買い時は、
2012年から2013年!

 

その理由は大きく4つあります。

 

 

太陽光発電の補助金の減額

 

太陽光発電を設置する際に支給される「補助金」

 

国の補助金制度の導入当初(平成6年)は、
システム導入の初期費用の半額近くが補助金として支給されていました。

 

その後、補助金制度が打ち切りになったり再開したりとありましたが、

年 度

補助金支給額

平成21年度 7万円/1kwの補助金
平成23年度 4万8000円/1kwの補助金
平成24年度 1kWあたりのシステム価格が55万円以下⇒3万円/kWの補助金
1kWあたりのシステム価格が47.5万円以下⇒3.5万円/kWの補助金

 

と、太陽光発電の補助金は年々減額傾向にあります。
補助金は、太陽光発電の普及とシステム導入費用の値下がりと
比例して、減額傾向に。

 

システムの導入費用が下がり、多くの人が設置するようになれば、
当然、補助金支給額も下がってしまいます。
場合によっては補助金制度が打ち切りになる可能性もあるでしょう。

 

補助金が多く支給される「今」が、太陽光の買い時なのです。

 

【補助金に関しての最新ニュース】

 

平成25年7月のセミナーで得た情報です。

 

太陽光発電の導入費用の補助金支給は、
平成25年度で終了する可能性が高いそうです。

 

もともと、5年計画で、補助金の支給をしていたのですが、
平成25年度がその5年目に当たります。

 

来年以降の補助金については、まだ未定だそうですが、
このまま補助金が廃止になる可能性が高いとのこと。

 

やはり、今年度中が太陽光発電の買い時になりそうですね!

 

(※平成25年度の補助金については「太陽光発電の補助金は?」をご覧ください)

 

 

売電価格の減額

太陽光発電,価格,補助金,買い時,消費税

売電とは、太陽光発電システムで発電した電気のうち、
余った電気を電力会社に買い取ってもらう制度です。
発電をすることで収入を得られるというのは、
太陽光発電の魅力の一つでもあります。

 

補助金と同様に、売電価格も減額傾向にあります。

 

太陽光発電,価格,補助金,買い時,消費税

右表は、売電価格の変化です。

 

売電制度が導入されて以来、
6円ずつ単価が安くなっています

 

専門家によりますと、
平成25年度には更に6円減額で
「36円になるのでは?」
と言われています。

 

売電価格が下がれば、その分収入も減っていきますよね?
売電価格は、5年以内には単価24円程度まで減額される計画になっています。

 

売電収入を確保し「元をとる」ためにも、
売電価格が高く設定されている「今」が、買い時です。

 

(※詳しい売電についての情報は「売電について」をご覧ください)

 

 

太陽光発電システム 導入価格の下落

太陽光発電,価格,補助金,買い時,消費税

太陽光発電システムは、

普及が始まったころに比べると、
半額近くで導入が可能になっています。

 

同時に、発電能力も、かなり上がってきています。

 

そして、今後もシステムの導入価格は下がっていく傾向にあるでしょう。

 

しかし、システムの導入価格が一気に下がると、
補助金支給額、売電価格も、それに伴って一気に下げなくてはいけません。

 

そうなると、「補助金がもらえない」「電気が高く売れない」と
消費者はまた動向を注視し、買い控えにつながります。

 

それらのバランスを考慮すれば
太陽光発電システムが、今後も急激に値下がりするとは考えにくいんです。

 

システム導入価格と、売電・補助金のバランスが取れている「今」こそ、太陽光発電の買い時と言えるのではないでしょうか。

 

 

電気代の値上がり

太陽光発電,価格,補助金,買い時,消費税

電気代は、年々高くなってきています。

例えば、平成24年9月、
東京電力は平均8.46%の値上げを実施しています。

 

専門家の見解では、2020年(平成32年)には、電気料金は最大で18.4%アップする可能性もあるんですって!

 

電気代は、今後もどんどん値上がりを続けます。
ですが、太陽光発電を導入すれば、電気を買う量も減っていきます。

 

太陽光発電の買い時を待ちながら高額な電気代を払うより、
早期にシステムを導入し、発電しながら高い単価で電気を売れば
未設置の家庭よりかなりお得になると予想されます。

 

 

消費税の増税

消費税増税法案が可決され、
2014年(平成26年)には8%、2015年(平成27年)には10%へと
2段階で消費税がアップすることが決まっています。

 

太陽光発電,価格,補助金,買い時,消費税

太陽光発電のように、高額なお買い物の場合、
消費税増税のせいでお財布への負担も増えてしまいます。

 

例えば、200万円の太陽光システムを導入する場合
平成24年度なら、消費税は10万円
平成26年になると、消費税は20万円。

 

消費税だけで10万円もの差があるのは、かなり大きいですよね。

 

消費税の面だけを考慮した場合でも、「買い時は今」だと言えますよね。

 

太陽光発電の導入を考えている方は、増税間近になって慌てて検討するよりも、
今からしっかりと計画を始めておくことが大切です。

 

太陽光発電は、今が買い時!

 

太陽光発電,価格,補助金,買い時,消費税

太陽光システムの性能・導入価格が下がれば、

補助金、売電単価も比例して下がります。

 

これらのバランス、更に、消費税増税まで考慮すると
太陽光発電の買い時は、1〜2年以内ということが分かります。

 

特に2012年冬〜2013年は、各業者が増税に向け、
価格競争を意識した太陽光発電の見積もりを提案してくるでしょう。

 

そういった面からも、太陽光発電の買い時は「今」といえるでしょう。

 

 

必見!太陽光発電を適正価格で導入する方法を大公開!