太陽光発電 平成24年度の国の補助金

太陽光発電,価格,補助金,

太陽光発電を導入する場合、

国や自治体から補助金が支給されます。
ここでは、「国」の補助金について
紹介していきます。

 

 

国(経産省)の執行業務機関でもある
「一般社団法人 太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)」の
HPを参考にしています。

 

平成24年度 太陽光発電の国の補助金の条件

補助金額の単価

補助金の金額は、1kwあたりのシステム価格(=1kwあたりの太陽電池モジュールの発電量価格)によって、2種類に分類されます。

 

1kwあたりのシステム価格が

@47.5万円以下 ⇒ 3.5万円/kwの補助金

A55.0万円以下 ⇒ 3.0万円/kwの補助金

※システム価格=太陽光発電の導入価格÷発電量(kw)

 

つまり!
システム価格が1kwあたり55万円を超えてしまうと、
補助金はもらえない
というわけ。

 

また、太陽光発電は安く導入すればするほど、補助金が多くもらえる
ということなのです。

 

 

モジュールの変換効率

平成24年度からは
「太陽電池モジュールの変換効率」が一定の数値を満たしていることも、
補助金申請の条件です。

 

変換効率の数値基準は下記のとおりです。

    太陽光発電,価格,補助金,

  • シリコン単結晶系 16.0%以上
  • シリコン多結晶系 15.0%以上
  • シリコン薄膜系  8.5%以上
  • 合物系     12.0%以上

 

新しい太陽電池モジュールであればほぼ問題はないでしょう。
しかし、古いタイプや海外の太陽電池モジュールは、
安くても変換効率が悪い場合もあります。
その場合は国の補助金の対象外となってしまいますので要注意です。

 

 

発電量の上限

太陽光発電,価格,補助金,

平成24年度の太陽光発電の補助金には、

太陽電池モジュールの発電量に上限が設けられています。

 

太陽電池モジュールの発電量の合計値
又は、パワーコンディショナーの出力の合計値のどちらかが
10kw未満でなければ、補助金の申請ができません。

応募期間
 平成24年度の太陽光発電の補助金の申請期間は

平成24年4月19日〜平成25年3月29日(消印有効)です。

 

 

国の補助金は年々下がっている傾向に

太陽光発電,価格,補助金,

一つ注意しておきたいのは、

国からの補助金の条件は毎年変わっています

 

平成23年度は、太陽光発電の発電量関係なく
システム価格1kwに対し、4万8000円の補助金
出ていました。
変換効率に関しては、基準もありませんでした。

 

以前と比較して、太陽光発電は、
初期導入価格がどんどん下がってきています。
それに伴って、補助金の支給額も(売電の価格も!)下がってきているのが現状です。

 

これを踏まえ、太陽光発電の導入時期を
ご検討することをおすすめします。

 

 

平成24年度 太陽光発電 国の補助金のまとめ

@導入費用は「安く」
   ⇒55万円/kwで導入しないと補助金が出ない。

 

A太陽電池モジュールの変換効率は「高いもの」を
   ⇒安くても古いものや海外の粗悪品では補助金はでない。

 

B発電量の上限は10kwまで
   ⇒太陽電池モジュールの出力量は合計10kwまで。

 

C期間は平成25年の3月29日まで!
   ⇒申請期間を過ぎると、平成24年の補助金が認められないので注意!

 

※各自治体の補助金を合わせれば価格をもっと抑えることも可能です。

 

太陽光発電,価格,補助金,各自治体の補助金に関してはこちらのページへ

 

 

必見!太陽光発電を適正価格で導入する方法を大公開!