太陽光発電の補助金申請 注意するべきポイントは

太陽光発電は補助金をもらえば、かなりお得に設置することも可能です。
しかし、補助金の申請にはいくつか注意点も。

 

ここでは、太陽光発電の補助金を申請する際に
注意するべきポイントを紹介します。

 

 

太陽光発電,補助金,申請,注意点補助金の申し込みは「工事開始前」に

太陽光発電,補助金,申請,注意点

太陽光発電の補助金申請は工事開始前に

行いましょう。

 

必要な書類を太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)のHPからダウンロードし記入後、郵送します。

 

太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)のHPはこちら>>

 

 

3週間程度で、「補助金申込受理決定通知書」のハガキが届きます。
このハガキはとても大切なので必ず保管しておきましょうね。

 

太陽光発電,補助金,申請,注意点補助金は「後払い」

太陽光発電,補助金,申請,注意点

太陽光発電の補助金は、

申請後に返ってくる仕組みになっています。
(約3〜6カ月後が目安です。)

 

ですので、太陽光発電システムの導入時には、
先に支払いを「建て替え」をしなければいけません。

 

見積もりで、補助金分を差し引いて計算することも
あるかもしれませんが最初は補助金分も
支払わなくてはいけないので、覚えておきましょう。

 

太陽光発電,補助金,申請,注意点補助金の受理は「先着順」

自治体の補助金には、「上限●件分まで」「予算●万円まで」など
自治体ごとに太陽光発電の補助金の予算の上限がある場合もあります。

 

その場合、受理されるのは、先に申請があった順

 

太陽光発電,補助金,申請,注意点

見積もり時で補助金を計算していても、

いざ申請をするときに、

 

自治体の補助金申請が終了していた…
なんていうケースもあります。

 

太陽光発電の導入が決まったら、
補助金の申請は早めにしておくようにしましょう。

「タイナビ」なら施工会社による申請代行システムも

太陽光発電,補助金,申請,注意点

インターネットの一括見積もりサービス「タイナビ」なら

加盟の施工会社が補助金の申請代行を行ってくれる場合がほとんどです。

 

ぜひ、担当者に補助金申請についてのサポートや、
自治体の補助金予算の残額情報など、
補助金に関し詳しい事を尋ねてみましょう。

 

 

太陽光発電の導入は、やはりとても高額なお買い物です。
だからこそ、安心した業者に依頼したいですよね。
申請など難しい手続きも、こういうサポートがあれば安心です。

 

 

◆太陽光発電アドバイザーイチオシの見積もりサイト

 

太陽光発電,補助金,申請,注意点タイナビ公式サイト 詳しい情報はコチラ   

 

 

必見!太陽光発電を適正価格で導入する方法を大公開!