太陽電池モジュールの寿命はどのくらい?

太陽光発電,寿命,騒音,蓄電,メンテナンス

太陽電池モジュール(ソーラーパネル)は、

今、急速に開発が進んでいます。

 

太陽電池モジュールの寿命は、20〜30年
とされていますが、

 

1960年代に設置された灯台用のソーラーパネルが、
まだ現役で働いているという例もあります。

 

また、千葉県佐倉市の京セラの
太陽光発電の研究施設には、
1984年から28年間も、メンテナンスなしで、
出力43kwの発電を続けているソーラーパネルが設置されています。

 

これらは、基本的に一般家庭で使われる
ソーラーパネルと同じものなので、
きちんと稼働し続ければ、30年間は発電が可能だとされています。

 

パワーコンディショナーの寿命は10年程度

太陽光発電,寿命,騒音,蓄電,メンテナンス

パワーコンディショナーは、

ソーラーパネルで作られた電気を、
家庭で使用できる電気に変換する精密機器です。

 

パワーコンディショナーは、
設計寿命が10年程度で製造されていますが
内部の部品を交換すれば、問題なく使用ができるそうです。

 

ですので、多くのメーカーは、パワーコンディショナーの保証期間を
1〜数年程度で区切っていることが多くなっています。

売電メーターは10年に1度交換義務

太陽光発電,寿命,騒音,蓄電,メンテナンス

売電メーターについては、

計量法によって「10年に1度取換えなければいけない」と定められています。

 

ですので、寿命に関係なく、10年に1度、
新しいものを購入しなければいけません。

 

売電メーターの価格は、メーカーによってまちまちで、
2〜10万円程度まで差があります。

太陽光発電,寿命,騒音,蓄電,メンテナンス 4〜5年に一度は定期点検を!

太陽光発電,寿命,騒音,蓄電,メンテナンス

太陽光発電を、より効率よく使うために、
各メーカーでは定期点検を行うようすすめています。

 

基本的には、10年間の保証を受けるために
設置後1年目に定期点検その後、
4〜5年目と10年目に点検をする必要があります。

 

この点検時に、発電量や変換効率が下がっていれば、
各部品の交換も必要になります。

 

 

必見!太陽光発電を適正価格で導入する方法を大公開!

太陽光発電システム 機器の寿命は?|太陽光発電売電カレッジ関連ページ

メンテナンスと維持費
太陽光発電の適正価格は?損しないリフォーム業者の選び方を教えます
電気は蓄えておける?
太陽光発電の適正価格は?損しないリフォーム業者の選び方を教えます
作動中の騒音は?
太陽光発電の適正価格は?損しないリフォーム業者の選び方を教えます
設置工事の日数は?
太陽光発電の適正価格は?損しないリフォーム業者の選び方を教えます