豪雪地帯でも太陽光発電は発電するの?

太陽光発電,価格,豪雪,雪,積雪

太陽光発電は、残念ながら

「積雪」にはたいへん弱いシステムです。
太陽電池モジュールの上に雪が積もってしまうと、
ほとんど発電はできません。

 

豪雪地帯のように、多量の積雪で太陽電池モジュールに
太陽光が届かない場合は、発電は「できない」と考えてください。

 

しかし、もし、太陽電池モジュールに太陽光が届くのであれば
少量であれば発電が期待できるでしょう。

 

発電することで、太陽電池モジュールは熱を帯びてきます。
その結果、積もっている雪が融けることもあり、発電できるようになります。

 

また、雪の太陽の反射率は新雪だと90%、古雪でも50%と、
普通の屋根の反射率よりも 非常に高いので
結果、通常よりも多くの発電ができる場合もあるのです。

 

 

豪雪地帯の家庭が、太陽光発電システムを導入する場合は、

@雪が積もらないよう、ソーラーパネルの傾斜角度を急にする
A屋根の上の架台を高い位置に置き、ソーラーパネルを設置する

などの対策方法で、冬の間も、太陽光発電が可能になります。

 

必見!太陽光発電を適正価格で導入する方法を大公開!

豪雪地帯でも太陽光発電は発電するの?|太陽光発電売電カレッジ関連ページ

季節・天候と発電量
太陽光発電の適正価格は?損しないリフォーム業者の選び方を教えます
災害で破損しない?
太陽光発電の適正価格は?損しないリフォーム業者の選び方を教えます