平成25年度上半期 住宅用太陽光発電の補助金交付決定件数と設置用量

平成25年度の住宅用太陽光発電の
補助金の交付が決定した件数と、
設置容量の平均値のまとめデータが発表されました。

 

 

平成25年度 住宅用太陽光発電補助金交付決定件数

 

(対象期間:平成25年4月1日〜平成25年9月30日補助金交付申請処理完了、

対象システムの設置住所による。平成25年10月30日時点)

太陽光発電,補助金,まとめ

※一般社団法人太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター 発表のデータ参照

 

平成21年度〜平成25年度 太陽光発電は確実に増えています!

 

下の表は、平成21年度から平成25年度(上半期まで)の
太陽光発電の補助金を申請した件数、実際に交付された件数
平均的な太陽光パネルの容量、太陽光パネルの1kwあたりの単価を
比べたものです。

 

 

平成21〜25年度 住宅用太陽光発電補助金に関するデータまとめ

 

太陽光発電,補助金,まとめ

 

※一般社団法人太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター 発表のデータ参照

 

 

太陽光発電

太陽光発電を設置する住宅は年々増えているのが
一目瞭然ですね。

 

そして、見ていただいてわかるとおり、
太陽光パネルの1kwあたりの単価は年々下がっています。

 

これは、各メーカーの開発技術が進み
安くても高性能の太陽光パネルが普及してきたためです。

 

 

ですが、覚えておきたいのは、太陽光パネルの価格が安くなったことで
年々支給される補助金額も下がっているという事

 

詳しくは、こちらのページで説明していますのでご参照ください)

 

安く太陽光発電を設置できるようになった分、補助金も安くなってきています。
そして、来年度には補助金交付制度は廃止になるのではとも
噂されているんですよ…。

 

 

書類

また、申請件数に対し、
補助金が交付された件数が少ないことにも注目してみましょう。

 

これは、書類のミスなどで
補助金の申請期間に間に合わず
翌年に繰り越しにされたことなどが考えられます。

 

平成25年度を見ていただくと、
申請件数10万5740件に対し
補助金の決定件数が、17万2640件です。

 

これは、昨年度末、駆け込みで申請をしたにもかかわらず
間に合わなかったため、平成25年度の補助金で
交付されたことが分かりますね。

 

太陽光パネルの価格は高いのに
補助金は安くなってしまうなんて、なんだか損をした感じですよね。

 

 

もし、今、太陽光発電の設置を検討し始めているのであれば
平成25年度の補助金額を受け取るには
そろそろタイムリミットが近づいてきています。

 

チェックポイント

来年度には消費税も上がりますし
補助金交付もなくなる可能性もありますので

 

タイミング的には、今が一番おすすめです。

 

とはいえ、あなたのご自宅が
本当に太陽光発電に適しているかどうかは
優良な業者や、プロの目で確認してもらわなければわかりません。

 

設置するにしてもあきらめるにしても
一度、見積もりをしてもらうなどで
現場調査をしてもらうことをおすすめいたします。

 

 

必見!太陽光発電を適正価格で導入する方法を大公開!